インドへ7 クンブメーラinアラハバード 下

  • 2014.04.07 Monday
  • 20:08

帰りもバス乗り場までまた10キロほど歩いて行きました。

バス乗り場に着いた時にはちょうど昼ごろで、バラナシに夕方ごろ着くのでちょうどいいなと思っていたのですが、
乗り込んだバスは一向に出発しません。1時間経っても2時間経っても…
たまに数メートル動いてはまた止まるといった繰り返しです。

バスの横を悠々と歩いていく人を見て、歩いたほうが早いんじゃないかと思いながらも、

まあ日本でも祭りの帰りは混むからしょうがないと思ってご飯買いに行ったりして気長に進むのを待ってました。

出発してから1kmほど進んだでしょうか、すっかり夜は更け眠くなってきたので就寝することに。


朝起きると寝るときよりは進んだようですが、あいかわらずの渋滞でした。

寝てしまっていたので自分がどのへんを走っているのか全くわからず、20kmくらいは走ったんじゃないか、とかもう半分くらいはきたんじゃないかとか日本人同士で勝手に予想してました。







ずっとこの状態。



僕ら日本人はかなり疲れてちょっとイライラもしてましたし、その後の旅程のずれも気になっていたんですが、まわりのインド人もいろいろ予定とか仕事とかあるだろうに全く気にしてなさげで、僕らももっとおおらかに生きないとなと思いました。


しばらくすると警察が竹の棒でバスをガンガン叩いて何か叫んできました。バスの中のインド人は一斉にその警察に罵声を浴びせます。僕らは言葉がわからないので見守っているだけでしたが、どうやら警察は交通整備をしていたようでその後は徐々にバスが動きだしました。

動き出してわかったのですが、本来この道は片側1車線ずつの道なのに渋滞中は皆がわれ先に行こうと路肩や反対車線にはみ出し4車線以上の一方通行になっていて、反対車線をこっちに走ってくる車が入ってこれずあふれかえり、このような大渋滞が起こっていたようです。

なんておバカなんだ‥インド人。

その後も隙あらば反対車線にはみ出そうとする車を警察が戻し(懲りないやつ等だ)、
何とかスムーズに流れるようになりました。

その時点で出発から24時間以上経ってました。

そして道路の案内板をみてびっくり、なんとバス乗り場からたったの5kmしか進んでなかったのです。

時速200mです。


その後はスムーズに走れ、バラナシの渋滞には引っかかったものの夕方の7時ごろには宿に帰ることができました。


丸一日予定が変わってその後の旅に影響しそうです。



余談ですがインドでは救急車に道は譲りません…





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM