スポンサーサイト

  • 2014.06.14 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    インドへ8 アーメダバード行きの列車 

    • 2014.04.08 Tuesday
    • 23:04

    バラナシに戻った僕は早速次の目的地、アーメダバードへの列車チケットを取りに駅へ行きました。
    が、しばらくはバラナシ発はどこへ行くのも全て満席でした。どうもクンブメーラの影響らしい‥

    仕方がないのでTATKALチケットをねらいました。
    これは2日前から販売される緊急者用の枠、まぁ当日券みたいなやつです。

    これをとるには朝7時に開く窓口に並んで早い者勝ちです。
    しかもその駅だけでなく全駅の窓口に人が並ぶので
    かなりの争奪戦になります。

    インドで早起きなんて嫌だ‥とか思いながらも6時半ごろ駅に向かい列に並んで何とかアーメダバード行きゲットできました!
    僕の何人か後はもう無理だったので早起きしてよかったです。


    といいながらも、日本食も食べられてのんびりできるバラナシをかなり気に入っていた僕は体調の悪さからも
    内心は離れたくないという気持ちが強かったです。

    後ろ髪引かれる思いでアーメダバード行きの列車に乗りました。

    乗ってしまえば行くしかない!
    チケットにはAM5時着と書いてある。明日の朝5時にはもうアーメダバードに着いているんだ。

    僕は早めの眠りに着き、早起きに備えました。

    そして朝4時半ごろには起きて、荷物をまとめ下車に備えました。

    イメージとは裏腹にインドの長距離列車はほぼ時間通りに着きます。
    たまに霧が濃くて遅れたりするくらいだそうです。

    ところがもう5時をとっくに過ぎているというのに一向に電車は着きません。

    やっと止まってもアーメダバードではない駅で、おかしいと思って向かいのベッドのインド人に

    「これ遅れてる?」って聞いても遅れてないという返事。

    そのまま電車は着かず昼も過ぎたので、これは夕方の5時の間違いだったのかなと思ってもう一度チケットをよく見てみるとやはりAM5時、しかしその横の日付の欄を見ると16日となっていた‥今日は15日‥

    そう僕はてっきり14時間で着くと思っていたんですが実際には38時間の夜行列車だったのです。

    覚悟の出来ていない38時間は結構つらいものです。


    ああ、やっぱりインドって広いんだなぁ。




    翌朝5時きっかり、列車はアーメダバードに着きましたとさ。




    スポンサーサイト

    • 2014.06.14 Saturday
    • 23:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM